アフターピルは先に買っておくのがかしこい方法

アフターピルは先に買っておくのがかしこい方法

アフターピルは事前購入が正解
セックス中の避妊に失敗しても、アフターピルを飲めば95%の確率で避妊が可能です(性行為後72時間以内に服用した場合)。

アフターピルは医療機関を受診して処方してもらう医薬品。もし「避妊できなかったかも…!」と気づいたら、すぐに婦人科やレディースクリニックへ足を運ばなくてはいけません。

●アフターピルは1分でも早く飲む方がいい

アフターピルの妊娠阻止率は、性行為後24時間以内の服用で99%、72時間以内でも95%。
時間の経過とともに避妊成功率は低下するため、できる限り早めのタイミングで服用する必要があります。

しかしアフターピルが必要な状況が起こったとき、クリニックが休診日で服用が遅れてしまったら…。
ヒヤヒヤとした時間を過ごしながら、求めている避妊効果を得られずに妊娠してしまうかもしれません。

●アフターピルは通販で買っておける

アフラーピルの避妊効果が得られるかどうかは、性行為後いかに早いタイミングで服用できるかにかかっています。
しかしドラッグストアやコンビニでいつでも入手できるわけではないのが、緊急避妊における最大のネック。

そのためいつトラブルが起こってもいいよう、アフターピルを事前に備えておくことをおススメします。
本来であれば処方してもらうアフターピルですが、海外から取り寄せてくれる通販サイトを利用すればいつでも購入可能。

一般的な通販と同じように自分のタイミングで注文・購入できるので、いつでもアフターピルを備えておくことができます。

万が一のことが起こったとしてもアフターピルが手元にあればすぐに対処できるので、不安な時間を過ごすことはありません。

アフターピルの事前購入で、もしもの出来事に備えておきましょう。